FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

エーデルワイス

エーデルワイス花j
 映画サウンドオブミュージックで歌われ、音楽の教科書にも出ている「エーデルワイス」ですが、花は、一時期乱獲され、今や、人目につくところには咲いていないらしい。写真のエーデルワイスも、いわゆる花壇で栽培されていたものです。花には綿毛があるので、うっすらと雪をかぶっているようにみえるもの愛らしい。

 控えめなエーデルワイスの花は、クライドルフの絵本の中に何度か登場します。クライドルフの描く花は、その生態をも描いていることが多く、写真「アルプスの花物語」と「Der Gartentraum(庭の夢)」に描かれた小さくていたいけなエーデルワイスを見ると、実際のエーデルワイスも、きっと岩場や、人知れない場所に、ひっそりと咲いているのではないかと想像できるのです。(エーデルワイスEdelweißは、ドイツ語で「高貴な白」という意味)

「エーデルワイスや どうしてそんな
あぶない崖っぷちにいるのかね
おまえを摘みにくるひとを
絶壁からつき落とすためかい?」
「あたしが ここに
こんなきわどいとこにいるのはね
あたしをめっけた腕白坊主に
うんとうんと大事に思わせるためよ」
・・・・(後略)・・・
「アルプスの花物語」(矢川澄子訳 ほるぷ)
えーでるわいすj
 ☆写真上の本は「アルプスの花物語」。絵ハガキと絵本「Der Gartentraum」は、シーニッゲ・プラッテ植物園で買いました。

PageTop