FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

Lowry展

Lowryj.jpg
 L.S.ロウリー(1887~1976)というイギリスの画家の知名度は、日本で低く、「ロウリー、WHO?」というところでしょうか?私自身も、英国文化論という英国人教授の授業を受講するまでは、まったく知りませんでした。そんな画家の没後、初めてとも言える(らしい)大きな回顧展が、ロンドン テートギャラリーで催されました。そのほとんどの作品が、英国マンチェスターにありますから、マンチェスターに行けない人間にとっては、ロンドンで作品を見るチャンスでした。(2013年6月26日~10月20日)

 イギリス、マンチェスターが工業地として発展していく様を中心に作品があります。会社員のロウリーは、「日曜画家」と言われたことに、「だとしたら、私は毎日が日曜だ」と反論しました。マンチェスターの街とサッカーを含めた人間を描いています。建物は、定規で描かれたように、下手な遠近法だし、工場に出入りしようとする人々は、没個性。「日曜のみの画家」と揶揄されても仕方ないようなタッチです。仏蘭西のユトリロに人をうまく描けないところが似てます。
 なので、私自身もこの画家は、デッサンがうまくない、少々偏った画家なのかと考えていました。が、不思議に心を惹きつけるものがあり、ずっと忘れないでいたのです。この人の作品に会いたい・・・
 が、私の認識不足でした。きっちり、美術学校で学んでいる時の自画像などは、別人かとも思えるほど繊細で、トラディショナルです。ユトリロの他にも、ピサロやドガ、シスレーなどの作品ととも並べられていました。

 ところが、端正に描かれた絵よりも、後から描かれた、工場に黙々と入っていく人々、淡々と帰っていく人々、サッカー場に足早に歩く人々の絵に目が引き付けられます。黙々と煙を上げるすすけた英国工業化の時代、そして、その街。
 直線的で鋭角な街、丸みを帯びた風景に癒されてきた人々が、目的に向かって、もくもくと進む。適当に描かれているような群衆が、その朝やその午後、その夕方の空気を表現しているのです。いい加減に描かれているような人一人ひとりが、その歩幅や向きの違いから息づいてくるのです。
 わざわざ、予約を取って見に行ってよかった展覧会でした。

PageTop