FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

若い学生たち

        メリーゴーランドj
 学生たちの答案を採点していて、その顔や声が浮かぶのは、小さな教室のおかげです。
 実技教科でもあるので、ペーパーテストだけで、点数をつけません。ただ、実技のうまい下手でも点数をつけません。まだ、現場に出てない人たちが、どうやって意欲的に自分の実技にしようとしているかを加味しています。

 初めての実技が旨く行かないのは当たり前です。そんなときに、こうしたら?と言うと、「もう一回やってみる」「これでいい?」と素直に言える人は、意欲が感じられるので、ペーパーテストの足らずを補うことができます。ところが、こうしたら?というと、「前はこうでもできた」「先生も、こうなってるやん」という返答する人は、随分、損をしていると思います。
 
 学ぶことで一番大事なのは、謙虚な姿勢であり素直な心だと、毎回、若い学生たち(そうでない人もいますが)から、教えてもらっています。

 家庭事情の複雑な学生が、時々、居ます。世の中を斜に見て、ナニカに怒っている様な風情です。大笑いしたことがあるんだろうか…と、気にかかります。
 また、中には、若い担任が、休み続ける学生のことを細々聴こうとすると、「誰でも人には言えないことが一つや二つあるんやよ」と、反対に担任を諭す18歳の子もいます。その子自身も、複雑な家庭事情を抱えています。
 大人の階段を昇るのは、大変なことです。

☆写真は、英国 ハンプトンコートに出来た臨時のメリーゴーランド。(撮影:&Co.H)

PageTop