FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

得浄明院 

       イチハツjj
アヤメの類で一番初めに咲くから一初(イチハツ)。
小さくても、りりしい一初。

  京都 得浄明院の一初の鑑賞とお戒壇巡りが、春の特別公開でできました。(~2013年5月13日)
 お戒壇巡りは初めてでした。
 本堂下に作られた真闇の通路を、右手で壁を伝いながら進み、阿弥陀如来の下の錠前に触れて、戻って来るという体験です。案内によると「現代では見ることも稀な真の闇が体験できます」そうです。真っ暗!途中で目をつぶって歩いてみましたが、同じでした。真っ暗!本当は、静かに、闇を体感することが大事なのでしょうが、「くらーい」とか「あ、ここで曲がる」「わ、また曲がる」「まだかな」等と、静かにできません。最後の角を曲がって、入って来た階段の光がうっすらと見えたとき、「おお!」
 友人曰く、信州善光寺のお戒壇巡りより、小規模らしいのですが、私には、充分、闇の世界を堪能した時間でした。

 そして、薫風香る5月のお庭で、いただいたのは、ひんやりおいしい「お大根シャーベット」。お大根の味のする、白蜜味?の優しいお味。
この小さな尼寺は公開時でもひっそりと静かでした。
尼寺には、穏やかな空気が流れていて、ゆっくりできました。
得浄明院イチハツJ
☆写真左上に、三人の和服姿女性の足元が写っています。京都、特に東山界隈、レンタル着物で歩く観光客も多いのですが、このお三人は、きちんと美しくお召しで、赤い毛氈にお座りの姿が絵になっていました。

PageTop