FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

バーバ・ヤガー

                      443マトリョーシカj
 英国でロシア人の友人の出来た末っ子は、ロシアの昔話によく出てくる「バーバ・ヤガー」のことを話題にしたようです。英語は、なかなか通じないのに、この「バーバ・ヤガーБа́ба-Яга́ 」は、「知ってる,知ってる」と、会話が進み、足の生えた家だとか、杖をもったバーバ・ヤガーのことを話しあったようです。
  娘の「バーバ・ヤガー」のイメージは、ビリービン絵「うるわしのワシリーサ」*に出てくるバーバ・ヤガーのようです。かつて一緒に楽しんだ絵本が、彼女の頭の中に、色濃く残り、コミュニケーションに役立ったのは、嬉しいことです。

  それから、娘がラチョフの「てぶくろ」*の話を出すも、これは通じず、日本に帰国中に絵本の表紙の写真を撮って、メールすると、ロシア人の友人は、「よく知っている。」と返事。「てぶくろ」はウクライナの昔話なので、モスクワ生まれ・育ちの友人には、もしかしたらなじみがないのかもと思っていたものの、ラチョフの絵は、やはり有名でした。

 絵本は、文学であり、芸術であって、楽しむものですが、コミュニケーション・ツールとして考えると「赤ちゃんから、外国の人にも」有効です。

*「うるわしのワシリーサ」ロシアの昔話 田中泰子訳 イヴァン・ビリービン絵 ほるぷクラシック絵本
*「てぶくろ」ウクライナ民話 うちだりさこ訳 エウゲーニー・M・ラチョフ絵 福音館

☆写真は、「うるわしのワシリーサ」の本と「Иван Билибин. Альбом.イワン・ビリビン画集」(Татьяна Верижкова 文)の上に、ロシア土産のマトリョーシカ人形を置いてみました。マトリョーシカのお腹の部分には、それぞれ違う絵が描かれていて、何かのお話のようです。???

PageTop