FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

サモトラケのニケ

399サモトラケのニケj
(2012倫敦巴里57)
(承前)
 子どもの本から入っていた美術の世界も、やっぱり深く、素人には伺い知れない世界の一つです。が、底が見えないから、よけいに新鮮で、わくわくする楽しみがあります。今回の倫敦巴里も、行く前より、帰ってからの方が、ずいぶん楽しませてもらったような気がします。
 本を読みやすい季節とも重なり、たくさんの本にも出会いました。特に、はまりこんだカミーユ・クローデル関連本は、いの一番に図書館で借り、次々、調べていたのに、季節もとっくに変わるこんな時期に書くことになってしまいました。カミーユの人生を思うと、適当なことは書けなかったので、結果、駄文になろうとも、心を寄せて書いたつもりです。
 
 さて、個人的に好きになれない大きな美術館のひとつ、パリ、ルーブル美術館ではありますが、次に、パリに行くことがあったら、「ルーブルって大きすぎるわ」等といいながらも、「サモトラケのニケ」には会いに、また足を運ぶのだと思います。2000年以上たっても美しい。この前では、ちっぽけなことは忘れます。
 そのときは、もちろん、カミーユに会いに、ロダン美術館にも参ります。(完)

☆写真上、パリルーブル「サモトラケのニケ」 下、雨のそぼ降るロダン美術館庭                400雨のロダン美術館j

PageTop