FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

重い本

                           389薔薇とj
 (2012倫敦巴里50)
 図書館で借りたばかりなのに、さっさと古書店から購入したのが、 カミーユ・クローデル (レーヌ=マリー・パリス文 なだいなだ 宮崎康子訳 みすず書房)です。

  この本は、9785円で、360ページ以上もあって、紙質のとてもいい、とても「重い」本です。とうてい、書店の初見じゃ購入できません。(と、いっても今は出版されていません)
 図書館で借りた後、目を通すと、この本は、そばに置いておかなくちゃ・・・で、元々と比較すると安価で(2000円)、状態もとてもいい(帯までついてた)重い「カミーユ・クローデル」が、私のそばにやってきました。

 この本を読み終わらない限り、2012倫敦巴里報告を終えることができない・・・(しばらく、続きます。)

☆写真は、ロダン美術館の9月の庭。薔薇のずっと向こうに、ロダンの「考える人」が、小さく写っています。さて、どこに?

PageTop