FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

カメラじいじ

めじろj
 カ・リ・リ・ロが写真を撮るのが好きなのは、父親から受け継いだものと考えられます。➡➡しかも、昔と違って、フィルムカメラではないので、いくらでも撮ることができるので、気楽です。
 夫は、2019年夏に行ったスイスで、携帯カメラでもいいのが撮れて以来、カメラに、カメラ自体に興味がわき、今や一眼レフを抱え、休日等、近場をうろうろ。特に、歩いて行ける近場、あるいは、職場近辺に、川や池や木々があって、そこに暮らす鳥たちを撮るのが、面白い。いいカメラとレンズ(まだ、不満があるようですが・・・・)を手にした夫は、シャッター速度、露出などなど、カ・リ・リ・ロは、まったく気にしなかったことに力を注ぐカメラ愛好家となっています。

 以前は、小鳥・・・と、十把一絡げに見ていた夫が、その鳥の名前を調べ、鳴き声の違いに気づき、花の蜜を吸うメジロ、地を這うように虫を探すウグイスの違いを知り、縄張り意識の高いカワセミは、それぞれの川・池で見かけ・・・など、奥が深い世界に片足突っ込んでいます。

 昨今、彼のような、カメラをぶら下げたじいじたちは、近辺、出没しているようで、若い人なら、「いまここに、○○いるよ」とツィートしそうな場面も、カメラをぶら下げたじいじたちは手招きで、声をひそめ「ほら、あそこ。あそこ」と指さし等で、情報交換しているようです。中には、双眼鏡も首からぶら下げ、小鳥たちを探し出し、カメラでパシャリ。というじいじたちも居るらしい。
 実際、知り合いの定年退職したじいじは、撮影した鳥の写真を、今や同僚ではなくなった娘にラインを通して送ってきています。この人も、いわば、近隣にお住まいなので、もしかしたら、夫とどこかですれ違っているということは大いに考えられます。

 さて、最近、ここに掲載した鳥の写真の何枚かは、夫の写真を、勝手にトリミングしたりしながら使っています。(ただ、夫の写真を掲載しても、撮影&CO.のイニシャルを入れる手間を省いていますが・・・)(続く)
☆写真上は、紅梅にメジロ。写真下は、コゲラ。小さなキツツキです。
_1026431 (4)jj

PageTop