FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

鹿まつところの狸

十二支1
(承前)
 ≪…ふつう美術史家は、室町時代にはいっての絵巻物として、わずかに『十二類合戦絵巻』と『福富草紙』の二作を認めるのので、鎌倉以後は、評価していません。けれども、室町時代を通じて絵巻物は、三百をこえ、その大部分がお伽草子だといわれます。そしてたしかに、『十二類』と『福富』とは、土佐派の優品で、しかも内容からいっても、お伽草子を代表するものでした。…≫と、「落穂ひろい」(瀬田貞二 福音館) ➡➡にも書かれていますが、その『十二類合戦絵巻』です。➡➡

 ≪『十二類合戦絵巻』というのは、満月の夜に十二支の鳥獣が月を題に歌合せをして、鹿を判者として楽しみます。≫
 が、次に、鹿の代わりに狸がやってくるのですが、狸は≪さんざん馬鹿にされたので、味方を集めて十二類に戦いをしかけ、逆に討たれて、狸は三井寺で出家する…≫

 この話が「いまは昔 むかしは今」(網野善彦・大西廣・佐竹昭宏 福音館)第3巻「鳥獣戯語」➡➡ の中で、綺麗な状態のチェスター美術館の絵巻を使いながら、紹介されています。この話を知らなかったカ・リ・リ・ロには、新鮮で楽しいものでした。

 例えば、鹿の判定がなかなか鋭いいいものだったので、十二類たちは2・3日後にまた寄り集まったときに鹿を判者として呼ぶも、≪・・・鹿はこういう席へ二回出席することは古人がいましめているとはばかって、あいにく風邪気なのでと辞退し、前回、鹿の供をした狸が、鹿が歓待されたのをうらやましがって、自分でも判者になれないはずがないと、あつかましく歌会におしかけていった。…≫。
 この一件から「鹿待つところの狸」という言葉が生まれたとか…
*「鹿待つところの狸」・・・・よい獲物をとろうと待っていたのに、とるに足りないものが来たの意。

 で、牛は?(続く)

☆写真は、狸たちの作戦会議。≪・・・まず一門の獺の守、稲荷山の老狐、熊野山の若熊、蓮台寺の狼、愛宕山の古鵄、ゆるぎの森の白鷺、二日市場の群鴉、梟悪大好きの梟などが味方についた。侍大将は、猫、貂、鼬、ばん、みみずくなど。総勢三百。・・・≫(ここに出てくる動物たちの漢字読めますか? 

PageTop