FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

めうしが おつきさまを とびこす え

つきをとびこしている
➡➡承前)
 マザーグースの中に「Hey,diddle,diddle ヘイ・ディドル・ディドル」があって、月を飛び越している牛が出てきます。
 歌は簡単で、ナンセンス。
 ≪ヘイ・ディドル・ディドル  ネコとヴァイオリン  メウシが月をとびこした  ちいさいイヌがわらったよ そんな冗談を見せられて  そして、お皿とお匙がかけおちだ。≫

 うちでは、マザーグースでアプローチしたのではなく、「おやすみなさい おつきさま」(マーガレット・ワイズ・ブラウン文 クレメント・ハード絵 瀬田貞二訳 評論社)のなかで部屋に飾られている「めうしが おつきさまを とびこす 絵」(写真上)でなじみ深い。この絵本は、うちでは、ぼろぼろ本の一冊です。何度読んだことでしょう。何度読まされたことでしょう。末っ子が、繰り返し繰り返し読めとせがんだことだけは、未だにはっきり覚えています。 繰り返しのリズム、響きのいい言葉、段々フェイドアウトする部屋、そして静寂。「おやすみなさい」の繰り返しが心地よく、読むほうまでが、安らいだものでした。

 が、マザーグースの元唄は、もっと元気よく、愉快に。という感じでしょうか。
 そして、このマザーグースでも、センダックは、コールデコットをこう言います。
≪音楽が歌詞のあらゆる陰影やニュアンスを高め、より大きな意味を与えるのと同じように、コールデコットは絵によって歌に照明を当てています。これこそほんとのマザーグースです。即興音楽さながらの驚くべき空想が、歌のまわりで愉快にはしゃいでいるかのようにリズミカルに跳ね踊り、しかも決して度がすぎて不調和になったりはしていません。もしもマザー・グースの名と永遠に結びつけられるに値する名前があるとすれば、それはランドルフ・コールデコットの名前です。子どもが最初に出会う何冊かの本の中には、必ず彼の本が含まれているべきです。≫
       「センダックの絵本論」(脇明子・島多代訳 岩波)

☆写真は、右が、ウォルター・クレイン「BABY'S Opera」(ほるぷ:復刻 マザーグースの世界 1877) の表紙(、左が、コールデコット「Hey,diddle,diddle」福音館 (解説書  ブライアン・オルダーソン 吉田新一 辻村益朗、正置友子)、上が「おやすみなさい おつきさま」

PageTop