FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

元気でおろね

モーモーjj

 すっきりしない2020年からまだ先の見えない2021年になりました。
 年明け、先ばかり見ていて、足元を見ていなかったら、つまづいてしまいました。日頃、車に乗らず歩き、プールに通い・・・していても、反射神経の衰え。で、少しの段差で、ずっこけることに。お医者さんの世話になるようなものではなく、孫たちとも楽しいお正月を過ごしましたから、ご心配なく。ただ、ちょっと、なさけない・・・
 ま、新年早々のアクシデントは、このあとの厄難をひっかぶってくれ、今後の注意喚起だと思っています。

 さて、いただいた年賀状には、今年度で賀状をやめるというご報告も複数ありましたが、1月・2月に海外に行ったご報告もありました。バルセロナ、モロッコ・・・すでに、他にお話を伺っていたのが、ニース、シドニー、ハワイ、パリ、そして、イスラエル・・・みなさん、1月・2月だったというのですから、本当に、ぎりぎりセーフ。
 多分、この1年も、下手したら次なる年も、海外は無理。それよりも、渡航解禁になったときに、足元のしっかりした元気な年寄りでいなくては。

  そういえば、ご近所のおばちゃんたちが、路上で新年のあいさつを交わしたあと、別れ際「元気でおろね。(元気でいましょうね。)」と、言い合うのを耳にしましたが、年賀状やクリスマスカードの文言の多くが、例年「今年もよろしく」だったのが「お元気で」「乗り切りましょう」などに代わっていたのが、今この時の、人々の気持ちだと思います。

☆写真は、「モーモーまきばのおきゃくさま」(マリー・ホール・エッツ文・絵 やまのうちきよこ訳 偕成社)の表紙

PageTop