FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

ネズミはどこ?

クリスマス1
 ねずみの絵本でクリスマスのもので、小さい子どもも楽しめるのは?
クリスマスの絵本は、大事なことを伝えたいという意図もあり、お話の長いものが多いのです。だから、無理に、小さい子にクリスマス絵本を探さなくても、次の年には、きっとクリスマスやサンタクロースのことに興味を示すので、とても小さい子には、あえて探さなくてもいいのではないかと、思っています。

 とはいえ、イラストタッチのこの絵本は、小さい子どもにもわかりやすい絵となっています。
 「ぼくたちのプレゼントはどこ?」(リチャード・スキャリー作 木坂涼訳  好学社)
  小さいねずみならではの視点で、あちこちプレゼント探し。
 靴下の中、お菓子、絵本、おもちゃ、ジンジャークッキーお人形やぬいぐるみ・・・そして、最後に見つけたのが、大きなチーズ。
 
 もう1冊は、ネコのクリスマスの絵本をたくさん出しているアン・モーティマーが、ネズミの絵本も描いています。猫の絵を入れることも忘れていませんけれど。「ちいさなねずみのクリスマス」(アン・モーティーマー作絵 木坂涼訳 徳間書店)
ネズミj

PageTop