FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

入江泰𠮷記念 奈良市写真美術館

新薬師寺5
 (承前)
 上の写真の中央奥の屋根は昨日の新薬師寺➡➡です。
 手前、水を配した敷地は入江泰𠮷記念 奈良市写真美術館です。

 実は、コロナ禍、ヨーロッパが凄ーく遠い国になったせいか、それは全く関係ないか・・・・ともかく、個人的に日本の古典に近づく時間が増えました。古事記や日本書紀にも近づいてみましたが、いかんせん、漢字の名前が長すぎて、ロシア文学を読んでいるのと変わりなく、なさけないことに、現在のところ挫折。

 ところが、万葉集。これは、完全に(やっと)はまってしまいました。これには、特に一冊の本からつながっていく個人的な流れがあるのですが、この件は後日、書くとして、まずは、「入江泰𠮷 万葉花さんぽ」(中西進 文 小学館文庫)。この本に使われている写真の美しさ。
 それにまた、先日行った中宮寺➡➡の木造菩薩半跏像の写真は『岩波日本の美術の流れ 7-9世紀の美術 伝来と開花』にも、中宮寺が張り出す写真(絵葉書など)も、入江泰𠮷撮影のものでした。

 ということで、奈良市写真美術館でやっていた「入江泰𠮷 万葉大和路」展(~2020年11月15日)に行ってみたというわけです。
 これには、最近、カメラにはまっている夫も充実の鑑賞をしていました。
 カ・リ・リ・ロは写真の横にある万葉集の歌と写真を楽しみ、夫は、歌はほとんど見ず、レンズの絞り方とかシャッター速度のことばかり考えて鑑賞。

そして、美術作品も、画集で見るより、やっぱり実物・・・というように、写真も、本に印刷されているものより、実際に大きく引き伸ばされ、額に入っているものは、迫りくるものがあり、よかった。今のように簡単に画像処理もできないフイルムカメラの時代に、こんな写真が撮れたのか…すごい。(続く)

☆写真下は、写真美術館近くの民家そばにいた 鹿さん

新薬師寺6

PageTop