FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

さとうねずみのケーキ

さとうねずみj
(承前)
「さとうねずみのケーキ」(ジーン・ジオン文 マーガレット・ブロイ・グレアム絵 わたなべしげお訳 アリス館)

≪ まずしいケーキ職人のトムが、本当は上手にケーキが焼けるのを知っているのは、小さな白いネズミのティナだけでした。
お城では、新しい料理人を募るケーキコンテストを催すことに。トムが作ったのは、上から下まで白砂糖でできたたくさんのネズミで飾られたケーキでした。で、会場に運び込む途中、よろけてしまうと、一番上の女王ネズミの飾りが、倒れ、ばらばらに・・・≫

 ケーキの好きな(食べ過ぎる)女王様も出てきます。それに、ネズミと言えば、ネコも。

≪ コンテストで一番おいしいのは、チーズケーキだと主張する女王。ネズミの飾りのケーキは見事な出来栄えだという王様。結果、二つのケーキが王様と女王の部屋に運ばれ、女王は、チーズケーキを平らげ、銀のクッキー箱に入っていたクッキーまで食べてしまいます。そこへ、ネコがやってきて・・・・≫

 確かに、トムの作ったネズミの飾りのついたケーキは、精巧で素晴らしい。が、女王の食べ過ぎたチーズケーキも周りを綺麗に飾り、その断面を見る限り、何か、ドライフルーツ(多分、干しブドウ?)が入って美味しそう。
 ケーキコンテストは、味を見るのか、外見を見るのかで評価が分かれるところではありますが、このとき結局、トムのケーキが優勝したものの、味で吟味したら、どうだった?などと大人は不要な考えを持つのが、いかん、いかん。

PageTop