FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

ひき舟道

ヒキガエル2
(承前)
 Lock(ロック)好きなら、のグリーンノウシリーズの「グリーン・ノウの川」
(ルーシー・ボストン作 亀井俊介訳 ピーター・ボストン絵 評論社)
➡➡➡➡  ➡➡を思い出すかもしれませんが、川の散歩好きなら、もと馬の歩いた道のフットパス歩き。思い出すのは、「たのしい川べ」(ケネス・グレーアム作 石井桃子訳 E・H・シェパード絵 岩波書店)➡➡ ➡➡(12月14日の項)ですよね。

 ここでは、馬の歩く道のことを「ひき舟道」と訳していますが、大昔、初めて「たのしい川べ」を読んだとき、イギリスの川や運河事情については、まったく何も知りませんでしたから、その道のことも 舟を引く馬のことも、ボートで暮らす女の人(と、亭主と犬)のことも、へぇーと思いながら読んだものでした。

 そして、憎めないといいつつも、懲りないヒキガエルが、騒ぎを起こした事件の道具に使われたのが、ボートのひき馬でした。
 ヒキガエルと馬とひき舟との出会いはこうです。
≪・・・と、ちょうど、まがりくねった運河のかどから、馬が一ぴき、あらわれました。馬は、なにか心配ごとでもあるように、前かがみになって、ぽくりぽくりやってきました。首輪のところからは、長い力綱が一本、ぴんとうしろへはっているのですが、馬のあるくたびに、それが水につかり、さきのほうから、玉のしずくがおちていました。ヒキガエルは、馬をやりすごすと、あとからなにがやってくるのか、見ようと思って、立って待っていました。すると、まるくなったへさきに、しずかな水を気もちよくうず巻かせながら、ヒキガエルのわきにすべりでてきたのは、一そうのひき舟でした。はでな色にぬった舟べりは、ちょうどひき舟道とおなじ高さで、舟の中には、アサの日よけ帽をかぶった、大きな、がんじょうそうな女の人がただひとり、たくましいうでにかじをにぎっていました。≫

・・・で、ひと悶着あって、
ヒキガエルは、女の人に川の水にほおりこまれます。
≪・・・(ヒキガエルは)ひき綱をはずして、投げすてました。それから、ひらり、馬に飛び乗るなり、横腹をぐんとけとばし、駆け足で走りだしました。ヒキガエルは、ひき舟道をそれ、車のわだちにそい、ひろびろとした野原へ馬をむけました。…(中略)・・・・さて、ひき舟用の馬というものは、そういつまでもかけつづけることはできないのです。はじめのかけあしは、やがて、早足となり、その早足も、やがて並足に変わりました。けれど、ヒキガエルは、それで十分、満足でした。とにかく、ヒキガエルは動いているけれど、ひき舟は動いていないのですから。・・・・・≫

 そのあと、その馬はどうなったか?
 それに、ヒキガエルは、さらに一悶着も、二悶着も起こし、どうなったか?
・・・・懲りないんですよねぇ・・・・(続く)

☆写真上下は、英国 ヘンリー・オン・テムズの現代のひき舟道と、川と舟遊び博物館(River & Rowing Museum)の中の「たのしい川べ」コーナー
ヒキガエル85

PageTop