FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

歯いしゃのチュー先生

チュー先生j
(承前)
 ウィリアム・スタイグは、もともと漫画家でイラストレーターだったようですが、後半生は、たくさんの動物の出てくる絵本を残しています。
 ネズミの絵本でいえば、「ねずみとくじら」(ウィリアム・スタイグ作 瀬田貞二訳 評論社)➡➡のように、ネズミだけでなく、2種の動物が主人公ではなく、「歯いしゃのチュー先生」(ウィリアム・スタイグ うつみまお訳 評論社)は、まさに、主人公がネズミです。

 とても、患者想いの先生が歯いしゃのチュー先生です。
 はしごを使ったり、別室で宙釣りになりながら、治療したり、大きな患者には、長靴をはいて、口のなかで治療したり、指先が器用でドリルを優しくかけるので、痛みなんか感じないほど…
 そして、ネコや危険な動物の治療は断っていました。
 ところが、やってきたのが、ほっぺを包帯でぐるぐる巻きにしたキツネ。一端は治療を断るものの、痛がるキツネをみて、治療することに。さて、そのキツネに、下心がわいてきて・・・

 お話の終わりは、なかなか愉快です。
 が、お話もさることながら、絵も、楽しい。
 「ゆかにおすわりになって、」と、キツネに指示するチュー先生の怖い顔。
「キツネをしんじるなんて、バカみたよ!」と、ぶつぶつ言ってるチュー先生の顔。
 さらに、「いったんしごとをはじめたら、わたしは なしとげる。おとうさんもそうだった。」ときっぱりいうチュー先生の鋭い顔。

 そして、最後のページ、二階の診察室から階下に降りるキツネの絵ですが、階段は大きい動物用と小さい動物用の二種類が並んで描かれています。
 やっぱり、チュー先生は、患者想いの名医です。(続く)

PageTop