FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

対面

ブラックベリーj
やっぱり、対面授業がしたかった・・・
 課題を出し続けて、顔を見ることもなかった授業の課題すべてに 目を通しました。
 すると、コピペしたであろうものや適当に書かれたものに交じって、当然、まともな提出物もありました。
 その文を読んでいると、この学生なら、もっと伝わったことがあっただろうに・・・と、悔やまれるのです。
 オンライン授業で疑似対面授業も、あったようですが、やはり、息遣いの伝わる対面授業と同じではなかったと思われます。
 その場で確認、納得、疑問・・・経験と重ねる、あるいは、全然つながってないかのような想像・・・・
 もっと、伝えたかったです。教科書を読んだだけでは伝わらない、教師の想い。
 有名な学者の考えを知るだけでなく、目の前にいる小さな子どもたちと関わる「間(ま)」の一端を伝えたかった・・・

 が、しかし、対面授業で、日数確保もやっとの別の大学での授業。何人かの学生が、楽しんでいるのがわかります。ちょっと、嬉しい。

 さらに、もっと、嬉しいこと。かの丸刈りにした学生➡➡が、なんと、おしゃれなヘアスタイルで、背も伸びたかのように見える青年となって、階段で対面。1年半ぶりです。「おお!先生。会いたかった。話すことあるんです」 有難いことです。

☆写真は、コロナ自粛ベランダ菜園のブラックベリー。昨日の「おひさまホテル」(エーリッヒ・ハイネマン文 フリッツ・バウムガルテン絵 石川素子訳 徳間書店)で、赤黒い黒イチゴ➡➡と表現されていたものと近い種類です。この写真で3回目の収穫。もちろん、つまみ食いとジャムに・・・当然、二人の孫は大喜び。

PageTop