FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

オノマトペ

ベッドjjj
(承前)
ジェイムズ・ドーハーティ画の翻訳された絵本が3冊だったように、➡➡   ➡➡ 「おしろのばん人とガレスピー」(小宮由訳 大日本図書) ➡➡ の作者ベンジャミン・エルキンの翻訳された絵本も3冊。

「ねむれない おうさま」(ベンジャミン・エルキン ザ・キャビンカンパニー絵 こみやゆう訳 瑞雲舎)は、≪むかし、ひろい うみと たかいやまをいくつもこえたところに、カールおうという おうさま≫の話です。
≪このごろ、カールおうは、ちっとも ねむれません。ひとばんじゅう ベッドの中で、もぞもぞしたり、ふとんを けとばしたりしていました。≫

 そこで、お城の大臣たちは「周りがうるさいから眠れないんじゃないか」と話し合い、
ブルブルやかましい飛行機、ガタゴトさわがしい汽車 ブンブン飛ぶ蜂、、ザワザワなるはっぱを静めるものの、キーキーきすむドアに油をさし、カツカツ響く廊下にカーペットをひき、ブーブーせわしいくるまを止め、クチャクチャうっとうしいチョコレートをとりあげ、ザーザーなる川をせき止め、ピーピーさえずることりを巣から追い出し、チクタクつぶやく時計を止め、ガラガラくずれる積み木を取り上げ・・・・

 が、カール王は、眠れません。
 そのとき、聞こえてきたのは・・・・
 で、カール王は眠るのでしたが、はてさて、カール王というのは?ヒントは、今日の写真。(スイス シャトーデー 「切り紙博物館」)

 このオノマトペ(擬音語 擬態語)を楽しむお話「ねむれないうさま」は、絵本でなく、お話を聴くだけでも楽しめるのではないかと思います。(続く)

PageTop