FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

ユングフラウヨッホ駅開業100周年

224ユングフラウヨッホj

  小さい頃から、近くに簡単に登れる低い山があったものですから、父親と一緒によく登っていました。中高生になっても、遠足のようなものや親睦会の多くは、近くの山々でした。で、むきになって、次の木まで、次の岩までと、頑張って登ると、清々しい風、眼下に広がる景色、頭上に広がる青空、おいしい空気・・・で、その後、山登りが好きな大人になったかというと、そうではなく、真面目に登り続ける山より、海辺の安楽さが好きな大人になりました。
 ですので、大学生の頃は、離島めぐり、新婚旅行はハワイ、子どもたちと一緒に沖縄やフィジー・・・と、もっぱら海方面の旅行が多くなりました。

 ところが、あるとき、夫のちょっと長い休暇がもらえたので、「スイス」に行ってみよう。と、なりました。
 そうしたら、ロープウェイや登山鉄道で、アルプスを間近に見られるではありませんか。大仰な登山靴もピッケルも要らない!しかも、荷物もきちんと、山の駅まで運んでくれる!
 頑張って登らなくても、清々しい風、眼下に広がる景色、頭上に広がる青空、おいしい空気・・・やった!無精者にも、こんな幸せが!小さな子も歩いています。介助の人がついて、杖をつきながら歩いているお年寄りもいます。
 また、清潔で真面目な国民性が、旅行者には有難く、癖になります。

 それで、2012年8月は、そのヨーロッパ最高地点の駅ユングフラウヨッホ駅(標高3454メートル)開業100周年に当たるらしい。1890年からその地域の鉄道工事が始まるのですが、よくもまあ、こんなところ、工事して登っていったなぁ・・・と、感心しきりです。

☆写真上は、ユングフラウヨッホ駅を歩いてすぐの雪原。(撮影;&Co.A)
☆写真下は、2000メートル付近の平らな道。小さな子どもたちも歩いています。
                        225アルプスロープウェイj

PageTop