FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

ヒナギク野のマーティン・ピピン

ライ3
(承前)
「ヒナギク野のマーティン・ピピン」(E.ファージョン文  イザベル&ジョン・モートン=セイル絵 石井桃子訳 岩波)
 これまで、面白おかしかった「ライの町の人魚」でさえも、ちょっとしたメッセージが入っていたことに気づいてみて➡➡、この「ヒナギク野のマーティン・ピピン」の中のお話の寓話性にも着目してみました。

 この本のあとがきで石井桃子が、「ナンセンスと寓話のいりまじったようなもので、他の六つのお話とは、あまり調子がかけはなれ、なぜ、この本にこういうものが、長々とはいってこなければならなかったかを、ふしぎに思います。」と評価しなかった「ニコデマスおじさんとジェイキン坊や」でさえも、今のカ・リ・リ・ロには、結構面白く読めました。確かに全体としては長々と教訓て臭く、蛇足のような位置づけではありますが、一つ一つのお話はとても短く、この短さで、大事なことを伝えようとしたファージョンの老婆心がちょっと楽しく思えました。「ヒナギク野のマーティン・ピピン」(1937年)はその姉妹版である「リンゴ畑のマーティン・ピピン」(1921年)から、15年以上も経ってできた本だと考えると、ファージョン(1881年~1965年)がまだ伝え足らないことを書いたとも考えられます。カ・リ・リ・ロが、気に入ったのはイタリア人が話した「自分で選んだ重荷は軽い」の話。

 そしてまた、かつて読んだときには、「エルシー・ピドック夢で縄とびをする」や「ウィルミントンの背高男」ほど楽しくなかった「タントニーのブタ」のナンセンスな筋運びも、ちょっと深いところに触れているのかとわかると、やっぱり面白く楽しめました。(続く)

*「ヒナギク野のマーティン・ピピン」は、6つのお話とそれをつなぐ前奏曲、第一~第五間奏曲、後奏曲などで構成されています。
6つのお話は、「トム・コブルーとウーニー」「エルシー・ピドック夢で縄とびをする」「タントニーのブタ」「セルシー・ビルのお話」「ウィルミントンの背高男」「ライの町の人魚」 そのあと、「洗たく物かごのなかの赤んぼう」「ニコデマスおじさんとジェンキン坊やがちえをさがしにゆく」(続く)

☆写真は、英国ルイスの町 ルイス城から、ケーバーン山(「エルシー・ピドック夢で縄とびをする」の舞台)を望む。右端に白亜が見えますが、海には面していません。ケーバーン山自体が主に白亜層でなっています。それゆえ、樹木が少なく、こういう丘(丘陵)をダウンといいます。(撮影:&Co.Ak)

PageTop