FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

打ち出の小槌

    打出2
(承前)
 阿保親王古墳➡➡から、南に行ったところには金津山古墳があります。ここの解説には、この辺りの村民を愛した阿保親王は、万一の飢饉に備え、この塚に財宝を埋めたという伝説のことが書かれています。今は、写真のように大きな木が中心に生えている後円部のみが円墳状に残っている古墳です。

 また隣接する地名は打出小槌町と、なんともめでたい地名。伝説によると、
≪むかし、打出村にお金持ちの長者が住んでいた。長者は小さな小槌を持っていて、その小槌を打ち振ると何でも願い事がかなえられるという宝物であった。この小槌は元は打出の沖に住んでいた竜神が持っていたもので、どういう経緯で長者の手に渡ったのか不明ながら、一つ困ったことに鐘の音が聞こえてくると、それまで打ち出した宝物のすべてを失ってしまうそうな…≫

 ・・・とまあ、どちらかというと、豊かな象徴のような伝説が多いその辺り、打出という地名は、西国街道が京の都から南西に下って初めて海岸に打ち出る場所だからと言われているようです、
打出1

 さて、古墳のすぐ近く、打出小槌町にあるのが、市の図書館の分室です。それは、国の登録有形文化財に登録されている旧松山家住宅松濤館です。そこは、小川洋子の『ミーナの行進』に登場する図書館です。この本には、この町の山手側のことや今も続くお店のことなんかも出てきます。

 また図書館に隣接する児童公園には、大きな檻があり、かつては、サルなどを飼っていたようです。そして、そこは、村上春樹の長編第1作目の『風の歌を聴け』に登場します。今は、劣化した檻とサルなどのイラストで解説が残っているのですが、そのイラストの猿が読んでいる本のタイトルは「海辺のカフカ」。

 してみると、この打出の地・・・新しい小槌を振りながら、次の伝説を生んでいこうとしているのかな、と思ったりします。そんな目で一番上の写真を見ると、打出の小槌のような形に見えてきませんか。

 梅雨入り前、古墳から現代小説まで、なかなか楽しい一回りでした。
打出3

PageTop