FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

恐る恐るの日常生活

     バラj
 この暑いのに、道行く人のほとんどがマスクをし、乗り物や建物に入るときは100%に近くマスクをし、店員さんもマスクやシールドマスク、そして、受付やレジにはシールドシート等など。さらに蒸し暑くなる日々の中、辛抱強い国民だと思います。それにしても、かの小さいと評判のマスクは、うちには、まだ届きません。

 経済のことを考えたら、10万人に何人とかいう目で、判断するのでしょうが、家庭の人は、その家族単位で、あるいは、その周りだけで考えるので、やっぱり、気持ちは緩まず、恐る恐るの日常に戻っています。
 
 自粛生活のいいところもありました。薔薇がたくさん咲いたという、個人的な喜びを筆頭に、毎朝、みんなが起きる前のほんのひととき、庭を眺めてぼーっとしていた以前のような時間が持てました。また、毎朝、ベランダのミックスリーフの小さな葉を摘み採って、市販のレタス類などに混ぜ、ぴりっとした味を楽しんでいます。もうすぐ、ブラックベリーもたくさん採れそうで、わくわく・・・
 こう、考えてみると、小さな命と向き合う(そんな大仰なものではないにしても)ことは、改めて心を支えてくれることだと思いました。ましてや、口に入るものは、自分の命にもつながり、喜びにつながるのですから、有難いことでもありました。

 京都の観光地や大阪の繁華街に出かけられず、町中、うろうろしたのは、いい経験でした。この町には、とんでもない設えの家々があるのは知ってはいましたが、実際歩いてみると、うっそーの声が出そうな、おうちの多いこと。
 また、この町にいろんな歴史的な文化財があることも、知ってはいましたが、実際訪れることは、ほとんどなかったのです。が、実際、歩いてみると、こんなところに!と・・・…まだまだ、知りたいこと多しの毎日です。
     バラjj

PageTop