FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

地図を見る

ケルト5

(承前)(***この文章を書いていたのは、コロナ自粛真っただ中の頃です。)
 ゆっくり本を読む時間や調べる時間が増えた昨今。図書館や書店が休みでも、自分の本棚の前に立つだけで、読み返したい本の多いこと。くらくらします。
 読書の連鎖は、とどまることを知らず、この度は、サトクリフからファージョンにつながるという嬉しい結果。

 ・・・・と、その前に、やっぱり地図(ROMAN BRITAIN)も見ておかねば…
「ケルトとローマの息子」➡➡の物語の後半の舞台となったロムニー・マーシュ(下の海岸線の緑の印)は、干拓してできた土地、いわば、海岸であり低地であったところとも言えます。だから、歴代、いろんな民族の侵入の場面となる場所です。この地のHPには、ローマ、アングロサクソン、バイキング、ノルマン、スペイン、フランス・・・からの侵略の入り口として、地図や絵などを公開し、その歴史を見ることができます。また、第二次世界大戦時のドイツ軍侵略の計画図ともいえるものも掲載されています。(1940年)それは、この海岸線のほかは、侵入しにくかった場所だとも言えます。

上記地図の右から二つ目の印がドーバーで、ここは大きくは白亜の崖があります。上から見張ることができますし、絶壁です。(もちろん大きな港もありますが)
ドーバー15

また、緑の印の左隣のオレンジの印は、ライで、入江とはいえ、沼地が続き、離れて高台になっています。
この左隣のオレンジの印はヘイスティングスで、白亜の崖も沼地もありませんから、やはり、侵入しやすかったと見え、近くの小高い丘でいわゆるヘイスティングスの戦い(1066年ノルマンディー公ギヨーム2世とイングランド王ハロルド2世)がありました。その隣のオレンジの印はイーストボーンですが、ここから船に乗って、西方向海岸線は、かのセブンシスターズといわれる美しい白亜の崖で、やはり絶壁。
セブン14

 ということで、この大陸と近いドーバー海峡に、面した海岸線のうち、侵入者が狙いやすかった地の一つが、ロムニーマーシュ➡➡だったとわかります。

  蛇足ながら、サトクリフファンなら、ああ、とため息がでそうな海岸線の町の一つ。一番右端のオレンジの印は、ルトピエ(リッチボロー)「ともしびをかかげて」猪熊葉子訳 岩波)そして、もう一つ、一番左端の町、アランデル➡➡。ここはちょっと内陸のように見えますが、当時は、もっと海岸線寄りだったように描かれています。(「運命の騎士」猪熊葉子訳 岩波)
 おまけに、地図の上部、緑の印はロンドニュウム(ロンドン)です。他にも内陸部でサトクリフ関連の地名をたくさん見つけるのは、今や老後の楽しみになりました。とはいえ、老眼には厳しいなぁ・・・(続く)

☆写真の地図は「ROMAN BRITAIN」 MAPです。ドーバーの写真撮影&Co.I.。 セブンシスターズの写真撮影&Co.Ak。

PageTop