FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

不要不急の外出(四月初め)

2020さくら
いくら洗濯できても、1住所あたりマスク2つじゃ家族で使いまわすのも難しい・・・それに、布製の(大の大人の男性がつけたら、小顔用のように見える)マスクでは、小顔じゃない大人が、くしゃみしたら、有効じゃない・・・

こんな事態でも、桜は綺麗に咲いています。
今や、歩いて遠回りの買い物だけが日ごろの運動ですが、いつも通る桜並木は、ほぼ満開です。さぞや、京都や他、名所の桜も、見事だろうと思います。

それで、「英国貴族、領地を野生に戻す」(イザベラ・トゥリー著 三木直子訳 築地書館)のことを少し書く前に、順番がおかしいとはいえ、その訳者後書きにあった英米共同制作の人気ドラマ「ダウントン・アビー」のこと。
≪本書の舞台となるバレル家のクネップ・キャッスルはまさに、1910年~1920年代の「ダウントン・アビー」の80年後を彷彿とさせる。…ドラマには、所有する領地で農業や畜産業を営む小作人たちが登場し、地主であるクローリー家の人々が、時代の変化に合わせて経営を合理化し、多角化を図ろうと腐心するシーンがあった。そして、(現代の)バレル家の人々もまた、「土地を売るという発想がない家風」を引き継ぐ由緒正しき家系ではあるが・・・・≫

 というのも、先日来、映画の趣味のまったく合わなかった夫と、WEB配信される「ダウントン・アビー」を見ているのです。やたら、早く帰ってくるし、休日はゴルフもジムもないし・・・・
 娘は、英国に暮らしていた頃に、リアルタイムに 周りが騒いでいた人気ドラマだと知っていましたし、カ・リ・リ・ロ自身も日本で放映されていたのは知っていたものの、いかんせん、夜遅い放映で、うちにはビデオ録画設備もないということで、あきらめていました。また、ごく最近、ドラマ後みたいな、劇場映画があったのですが、それも、この度の騒ぎで映画館に行く気がせず・・・
 ということで、WEBで、やっと見られたのです。イギリスのお屋敷の設えと、その周りの風景、そしてファッションなど、楽しみは多いのですが、夫の反応や如何に?・・・・それが、はまってしまった。人間ドラマが入り組んでいて、おもしろいからででしょう。
 全巻見終える頃には、新型コロナウィルスも終息していますように。

以下、夙川の桜と芦屋川の桜。すべて、スマホカメラ。
夙川43 
2020asiyagawaj.jpg

PageTop