FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

AHOY!

ランサムjj

「ピーター・ラビットの野帳  フィールドノート」(ビアトリクス・ポター絵 アイリーン・ジェイ  メアリー・ノーブル  アン・スチーブンソン・ホッブス 文  塩野米松訳  福音館)➡➡
(承前) この本には、ポターの自然保護活動や慈善事業の素地になった、湖水地方のこと、ポターがキノコの研究に力を入れていたことなどが書かれていましたが、もう一つ、彼女がこの湖水地方を保護する大事なポイントがありました。

 それは、この辺りは、人の住んだ歴史も古く、先史時代だけでなく、ローマ時代のものもたくさん出土していた場所でもあったのです。(ああ、ローマンブリテン!!!ここで、ローマンブリテンのサトクリフの作品に触れだすと、きりがない。)
 ともかくも、ここから出土したものをポターの才能を生かして、写真のようにも見える画に残しています。

 さて、ここでまた出てくるのが、アーミットコレクション➡➡で、ここには、その出土品も集められていました。そのアーミットトラストの初期の会長や会員らが、近郊のローマ軍砦の開発を止めるべく、寄付を募り、その土地を保護しようという動きにつながります。
 後に、アーミットライブラリーに展示された発掘品を、ポターは、水彩画にして寄贈します。それらは、≪専門家並みの正確さとビアトリクスの絵画特有の美しさが備わっており、たぐいまれな作品に仕上がっています。≫

 それで、今回書きたかった、たった一行のこと。
 アーミットトラストに無償で協力したのが、国際的に評価されていたコリングウッドで、その父親はラスキンの友人で秘書で、アーミットの論文を校閲した人でした。そして、≪その父子の弟分アーサー・ランサムも、同様に(アーミットトラストの)会員でした。≫

 AHOY!!!、アーサー・ランサム!!!
 カ・リ・リ・ロが、初めて、友人たちと英国湖水地方に行ったとき、ポター詣でとランサム詣での旅でした。その時は、まだつながっていなかったことが、今やっとつながった。なんと、うれしいことでしょう。
 ただ、ここで、ランサムに深入りするのは、やめます。
 湖水の地 今や遠くに なりにけり。

☆写真は、右 「ピーター・ラビットの野帳  フィールドノート」(ビアトリクス・ポター絵 アイリーン・ジェイ  メアリー・ノーブル  アン・スチーブンソン・ホッブス 文  塩野米松訳  福音館)ビアトリクスのスケッチ:」ローマ人の革製のサンダルの一部。
写真左 The Story of The Discovery of Intal as told by Roger Altounyan to the Society for Drug Reseach in York 1977にある、ロジャのモデルとなったアルトニアン博士が湖水地方コニストン湖で茶色い帆のヨットに乗る写真と
”Swallows and Amazons”「ツバメ号とアマゾン号」(アーサー・ランサム岩田 欣三・神宮輝夫訳 岩波) 

PageTop