FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

やれやれ、あたたかい おちゃを いただいたのでした。

まちねずみ2
(承前)
ポターの描いた「まちねずみジョニーのおはなし」(ベアトリクス・ポター作 石井桃子訳 福音館)➡➡は、タイトルにこそ、田舎ネズミと出てきませんが、イソップ寓話を題材とした、田舎ネズミと町ネズミの絵本は、ほかにも何冊かあります。

例えば、写真上(大きい方の絵本)「まちのねずみといなかのねずみ」(ポール・ガルトン絵 木島始訳 童話館)と、写真下(大きい方の絵本)「とかいのネズミといなかのネズミ」(ケイト・サマーズ文 マギー・ニーン絵 まつかわまゆみ訳 評論社)***それぞれの写真にはポターの「まちねずみジョニーのおはなし」と「2ひきのわるいねずみのおはなし」も、写っています。

それぞれの絵本で、都会のネズミが田舎でごちそうになるのが、
≪いなかの こやにある いちばん おいしい チーズや ベーコン、とれたばかりの こむぎや とうもろこしを ならべました。のみものはというと、それは、いずみから くんできた たいへん きよらかな 水でした。≫「まちのねずみといなかのねずみ」

≪キャベツスープ クリのしおづけ 木のみいりパイ パン たねいりケーキ あたたかいアップルパイ プラムのおだんご≫「とかいのネズミといなかのネズミ」

今度は、田舎ネズミが町で食べたものというのが、
≪クリームあり、ジェリーあり、ケーキあり、あらゆる あっさりした ごちそうが いっぱいでした。チーズは、とびきり おいしいパルメザンチーズです。二ひきは、さいこうの シャンパンで、ほおひげを しめらせました。けれど、すてきな ごはんを、はんぶんも たべおわらないうちに いぬが ほえたり ひっかいたりする おとがして、二ひきとも どきっとしました。…≫「まちのねずみといなかのねずみ」

≪ティリーは 目を みはりました。 すごーい!ウィーンふうのチョコレートケーキ カスタードクリームいりのかしパン おにくの つまった ミートパイ あまい ビスケット イチゴジャムのつぼ タルトを ならべた おさら 大きな かたまりの チーズ!「さあ、じゃんじゃん たべましょうよ」と、ミリー。ところが、2ひきが ひと口も あじわわないうちに ネコが やってきました。いすに とびのって・・・≫「とかいのネズミといなかのネズミ」

はてさて、どちらのごちそうが、好みか、個人でそれぞれそれぞれあるとは思いますが、
各絵本で、田舎ネズミが、最後にこういいます。
≪あんしんがなくっちゃ、じょうひんさなんて なんだ? ものが いっぱい あったって、どきどき どきどきしながらじゃ なんのやくに たつんだい?・・・・・(中略)・・・・やっとのことで こやに たどりつくと、そのまま、すやすやと ねむれる やすらかさを とりもどしたのでした。≫「まちのねずみといなかのねずみ」

≪・・・でも、いなかの わたしの いえでは、あんしんして ごはんが 食べられるの!・・・・(中略)・・・・ティリーは いなかに とんでかえり、ソファーに くつろいで、やれやれ、あたたかい おちゃを いただいたのでした。≫「とかいのネズミといなかのネズミ」

 さて、次のポターのネズミの絵本は、下の写真左の、人形の家で奮闘している「2ひきのわるいねずみのおはなし」(ベアトリクス・ポター作 石井桃子訳 福音館)です。(続く) 

まちねずみ3

PageTop