FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

映画「フィッシャーマンズソング」

ドーバー16

☆写真は、英国、ドーバー海峡のもので、以下文章の英国、コーンウォールではありません。念のため。(撮影:&CO.I)

 英国映画は、英国の風景が写るので、王様女王様ものでも、労働者階級ものでも、見に行くことが多いです。
それで、この映画「フィッシャーマンズソングーーコーンウォールから愛をこめて」。行った事のない英国コーンウォールの景色が楽しめるならと、行った事のある夫と一緒に見に行きました。

 案内に「ブラス!」に次ぐ、英国発の音楽映画と、ありました。「ブラス!」も、かつて見に行ったことがあり、音楽映画でも、楽器の演奏曲でしたから、いわゆる声を出して歌う今回の映画のようではありません。
 他に、歌う音楽映画なら、アメリカ映画の、「ジャージー・ボーイズ」➡➡「ボヘミアン・ラプソディ―」➡➡も、レデイガガの「アリー スター誕生」➡➡もみましたが、主人公たちは、才能あふれる人たちでした。この「フィッシャーマンズソング」は、いわゆる普通のおっちゃんたち。コーンウォールの漁師さんたちが歌うから、凄いのです。野太い声で、漁の片手間に。(実話に基づく話です。実際、今も活動なさっています。)

 音楽映画は、大きな劇場で、臨場感が味わえるので、楽しさも倍増します。オープニングから、歌声で始まります。今から始まる期待にぞくぞくするいい声。。そして、エンディングロールの歌声は、映画鑑賞の後ですから、この歌声の源を知っていて、満足しながら聞くことが出来ます。

 ストーリーは、簡単です。日頃、力を合わせ漁をするおっちゃんたちが、のびのび自由に歌っているのを、ロンドナーの音楽関係者が聞きつけ、世に送り出す。・・・といったもの。
 自然相手の仕事の厳しさから、心を寄せ合わせないと、生命にかかわってきます。力強い歌声は、生きていくという元の元のところに立ち返り、映画を見ている者にも、力と勇気を与えてくれます。

 ユーモアのセンスも抜群です。というか、少々、下品な方向に行くものの、おっちゃんギャグ満載です。
 最新の都市生活をせせら笑うようなコーンウォールの人たち。携帯の電波が届くところは、岬の先端。
 アナログなクイズコミュニケーションを楽しみにパブに集まる人たち。自分たちの動画再生數をパソコンで知るのに、自分たちの楽曲チャートは、パブに集まって、ラジオに耳を澄ます人たち。宝島の一シーンを思い出すような場面もあって、本当に楽しかった。
 ほろっとしたり、大笑いしたり、明日も頑張ろう!

 コーンウォールに行った事のある夫は、また行きたくなったといい、行った事のないカ・リ・リ・ロは、いつか行きたいと思うのです。
 
 この映画のことは、見てすぐに書きました。ハリウッド映画ではない、この映画、きっと、すぐに上映終了になってしまいそうだから・・・
 

PageTop