FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

読者は続くよ どこまでも

恐竜13
 あとさきになりましたが、昨日の若い読者のための『種の起源』 「入門 生物学」≫(チャールズ・ダーウィン レベッカ・ステフォフ編著 鳥見真生訳 あすなろ書房)➡➡より先に手にしていたのは、絵本『ダーウィンの「種の起源」--はじめての進化論』(サビーナ・ラディヴァ作・絵 福岡伸一訳 岩波)でした。

 というのは、この絵本の装丁の美しさもさることながら、内容の興味深さもさることながら、一番の興味は福岡伸一訳だったからです。かつて、この学者は、フェルメールの研究者だと思ていたくらい、フェルメールの著作などもある生物学者です。

というのも、「せいめいのれきし」(バージニア・リー・バートン作 いしいももこ訳 まなべまこと監修 岩波)が改訂版で出たとき➡➡、その改訂監修者の真鍋真が書いた「深読み!絵本『せいめいのれきし』」(岩波科学ライブラリー)➡➡のあとがきの中で、こんなことが書いていました。

≪・・・どこまでが恐竜かどこからが鳥類か境界線が引けないくらい連続的な進化があったことがわかってきたことを、福岡伸一さんとお話したことがありました。恐竜から鳥類への進化は「世界は分けてもわからない」という福岡さんのメインメッセージにぴったり当てはまる事例です。先日、福岡さんもこの本(「せいめいのれきし」)が大好きな少年だったことがわかりました。福岡さんのお気に入りのページは大きな竜脚類が闊歩していたジュラ紀だったそうです。福岡さんに「バージニア・リー・バートンさん、石井桃子さんと一緒に名前が並んでいる真鍋さんがうらやましい」と言われて、とんでもないことをしてしまったと気がつきました(気がつくのが遅い!)・・・≫

 ということは、この『ダーウィンの「種の起源」--はじめての進化論』の表紙、ダーウィンという名前のタイトルの下、福岡伸一訳とあるのは、きっと、ご自分にとっても、誇らしい気持ちだったでしょうし、真鍋真氏からみたら、羨ましい・・・だったかもしれません。(続く)

☆写真は、英国 自然史博物館

PageTop