FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

こねこのウィンクルとクリスマスツリー

ウィンクルj

 12月に入って、一通のメールが届きました。小学校で、本を読んだり、お話をしたりする活動をなさっている方からでした。
 メールには、昔むかし、カ・リ・リ・ロが訳したお話や詩を、子どもたちに紹介してくださったとのこと・・・
 ん?

 そうでした。25年くらい前のこと、ある子どもの本の出版社から出ている月刊誌に何度か、私訳のお話が掲載されたことがあったのです。
 その中の一つに、「こねこのウィンクルとクリスマスツリー」の出てくるお話がありました。(ルース・エインワース作 菊池恭子絵)
 あ!クリスマスツリーが出てくる!と、思い出し、クリスマス絵本の会の今年のテーマである、クリスマスツリーやモミも木のお話に、慌てて付け加えました。
 
 本棚の奥の奥に眠っていた、この月刊誌たち。
 が、種は撒いてみるものですね。
 ちゃんと、誰かが育ててくれていました。ありがとうございます。
 もしかしたら、そのお話を聞いた子どもがいつの日か、また、繋いでいってくれるかもしれない・・・

 当時は、たくさん、小さなお話を訳していたものでしたが、紆余曲折を経て、今は、ほとんど訳さず、年に一度、クリスマスカード用に詩を訳しているだけです。来年は、ちょっとまた、やってみようかな・・・

*年末年始、ブログを休みます。みなさま、よいお年を。

PageTop