FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

種の起源

IMG_2533オオバンj
 チャールズ・ダーウィンの「種の起源」を読みましたこなせるわけもなく、≪若い読者のための『種の起源』 「入門 生物学」≫(チャールズ・ダーウィン レベッカ・ステフォフ編著 鳥見真生訳 あすなろ書房)に手を出しました。
 あら?珍しい・・・という声も聞こえる中、実は、もっともっと若い人向けの「種の起源」という絵本、そして、その本から繋がる、もう一冊の絵本を、先に読んでいたので、せめて、本体の「種の起源」と思ったものも、夫の蔵書の「種の起源」の岩波文庫は、到底無理と思い、この「若い読者のために」リライトされ、手に取りやすくされた方を読んだというわけです。

 ダーウィンの研究が当時は画期的であり、しかも、今もその流れの続きにあるということは、よくわかりました。また、若い読者でない者にも、その奥の深い世界というものがわかりました。が、多くは、カ・リ・リ・ロには、難しい内容でした。
 ただ、、この「種の起源」の中に度々登場する「地理的変化」「気候変動」という言葉には、親近感を覚えます。特に、今、よく耳にする「気候変動」という言葉。ダーウィンの唱えた地球上の歴史における気候変動と、昨今の気候変動という言葉がが異なるものであることは十分承知していますが、それが、地球にあるもの、生きるものに影響を与えるという点では、本質は同じです。

 リライトされた第11章地理的分布という章の「生物分布についての三つの重大な事実」や「同じ大陸に住む生物の類縁性」の中に、こんな言葉がありました。
≪・・・・同じ陸地や海に住む生物には、時空を超えた深淵で有機的な絆が働いていることがわかる。この絆を突き止めたいと思わない博物学者は、あまりにも探求心に欠けているといわねばならない。…絆とは遺伝のことだ。われわれの知る限り、生物が自分によく似たものをうみ出す原因は遺伝以外にはない。・・・・≫とし、そこには、アフリカ大陸のダチョウ、オーストラリア大陸のエミュー、南アメリカ大陸のレアという大型で飛べない走鳥類の写真が掲載されています。
 この「種の起源」を読みこなせなかったカ・リ・リ・ロが、反応できたのが「絆」という言葉でしたが、この本の中にはたくさんの図や写真も掲載され、広く、一般には、読みこなせる人の多いものだと思います。

 そして、リライトしたレベッカ・ステフォフの解説によると、
≪ダーウィンは、「種の起源」の中では、ヒトという種にほとんど触れていない。最終章で、自分の理論が受け入れられ、完璧に理解された時に、『人間の起源とその歴史についても、光明が投げかけれれるだろう」と記しているだけだ。・・・・・(中略)…ダーウィンにとってヒトは、自然界の一構成員であり、あらゆる生物を形成してきた自然界の法則とその過程に服する存在だった・・・・≫

 現代、この自然界の一構成員であるヒトの驕りに、もっと真剣に向き合わなければならないはずなのに・・・(続く)

☆写真は、スイス ブリエンツ湖のオオバン。
アーサーランサムの「オオバンクラブの無法者」(岩田欣三訳 岩波)((今は、岩波少年文庫:オオバンクラブ物語 神宮輝夫訳)を紹介するときに、また使いたい(が、いつ?)
動物界脊柱動物門脊椎動物亜門鳥網ツル目クイナ科オオバン属オオバン

PageTop