FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

洛西 葉室山

葉室4
(承前)
 京都 洛西 浄住寺の紅葉は、とても綺麗でしたが、お庭には、面白い竹が植わっていました。一つは、亀甲竹で、紐をまいて、変形させたのではなく、孟宗竹の変異種らしい。
葉室2
 もう一つ、見た目は、普通の竹のようですが、触ってみると、丸くなく四角い竹の四方竹。これも変異種らしい。この切り口は、菱形で、四つ並べると、この寺に関わる葉室家の家紋となっています。
葉室3

 また、この寺は、平安時代に開創され藤原家の流れを汲んだ公家の葉室卿が再建し、寺院として栄えたものの、南北朝以来の兵火によって、荒廃するも黄檗宗によって、開山され、今は黄檗宗寺院となっているため、本堂に置かれる有形文化財も達磨大師があったり、菩薩だったり、再興した葉室卿の彫刻であったり・・・

 それで、紅葉を堪能して、駅に戻る道で、ふと、横を見ると、上ノ山古墳となっていました。
 この辺り、他にも古墳があったりするので、いわゆる平安時代、洛中が栄える前は、長岡京➡➡にも続くこの土地、重要な地域だったことを思い出し、まだまだ奥の深い京都散策だと考えた事でした。

☆写真一番下は、浄住寺に、たくさん植わっていたお茶の花。(茶花ではありません。)下向きで、小さく咲いているので、撮るのが難しかった・・・

      茶

PageTop