FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

栗のパスタ

ウルスリ21
「ウルスリのすず」(ゼリーナ・ヘンツ文 カリジェ絵 大塚勇三訳 岩波)
(承前)
 絵本「ウルスリとすず」で、ウルスリが大きな鈴をっ持ち帰り、鈴の行列の先頭に立ちます。そのあと、お父さんお母さんと食べたのが、蒸した栗でした。上には、生クリームがたっぷり、かかっていました。
 最後の絵は、件の大きな鈴を椅子に置いて家族でウルスリの話を聞いています。テーブルの上には、山もりの蒸した栗、それぞれのお皿に取り分けた蒸した栗、あとは、パンとオレンジ(?)が置かれています。つまり、栗は、ごちそうだとも言えましょう。

栗のパスタj

 さて、「黒い兄弟」の舞台、ソノーニョ村➡➡は、冬場は厳しい自然と岩場の狭い土地でしたが、そんな場所で見つけたのが栗のパスタ類でした。小麦がたくさん育つような場所ではありませんから、当然、たくさん収穫できる栗は、主食となっていたのでしょう。日本でも、縄文時代は、どんぐりを食べていたようですから。

 それで、日本に持ち帰り、食べてみましたよ。ほんのり甘い栗の味。ソースの味付けを気にすることなく、簡単にオリーブオイルやチーズをかけただけでも、美味しいです。また、小麦粉のパスタなどのような こしのあるものではないものの、最近、パスタが胸につかえるような感じのするカ・リ・リ・ロには、ぴったり。日本でも、売ってないか、探してみようっと。

 ちなみに写真上 右後ろに写るのは、ウルスリのエンガディン地方でもなく、黒い兄弟のティチーノ州でもなく、レマン湖畔ヴォー州で取れた黒いキノコをハーブの酢漬けにしたもの。手前の栗のパスタに混ぜて食べました。美味しいに決まってる!

 写真下は、同じくヴォー州シャトー・デーのお店に売っていた乾燥キノコですが、上記、壜詰めのキノコは、お店のおじさんの家族で森に取りに行ったものだと、胸を張って教えてくれました。だから、手書きのラベルにリサイクルの瓶。

 蛇足ながら、これで、思い出したのが絵本「うたこさんのおかいもの」(ディック・ブルーナ―文絵 松岡享子訳 福音館)。この中で、市場のきのこうりのおじさんが、≪この きのこは おれが じぶんで みつけて とってきたんだぞ」と たいそう ごじまん≫の箇所。

きのこj

PageTop