FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

ゴッホの糸杉

     糸杉3
(承前)
 「王書—-古代ペルシャの神話・伝説」(フェルドウスィ―作 岡田恵美子訳 岩波文庫)➡➡からゴッホの糸杉につながったのですが、となると、やっぱり、「ゴッホの手紙」➡➡でしょうか。
*「ゴッホの手紙 上 ベルナール宛」(エミル・ベルナール編 硲伊之助訳 岩波文庫)
*「ゴッホの手紙 中・下 テオドル宛」(J.v.ゴッホ・ボンゲル編 硲伊之助訳 岩波文庫)

以下、弟テオに宛てた(第596信 1889年6月25日)です。 参考: *1888年12月23日 耳を切り落とす *1890年7月29日没

≪いつも糸杉に心をひかれる。ひまわりを扱ったように描いてみたいのだ。まだ僕が感じているように描いたものを見たことがないのだ。線が見事で、ちょうどエジプトのオベリスクのような均衡を備えている。それにその緑の質が非常に上品なのだ。陽の照った景色のなかでは、黒い斑点になるが、その黒い調子は最も興味のあるもので、正確に捕えるのがとてもむつかしいと思う。しかし、ここでは「青に対して」、もっと具体的に言えば「青の中」において見なければならない。当地の自然をつかむには、どこでも同じだが長く滞在することが条件だ。・・・・・・≫

 と、ゴッホは糸杉の緑の質の上品さを捉えています。ところが、「僕が感じたように描いているのを見たことがない」と言い切るゴッホの感じた深いものは、何だっだのでしょう?この手紙が書かれた時期が、耳切り落とし事件の後で、結局、亡くなるまでの間だったことを考えると、ペルシャでは、「陽」の象徴としてある糸杉、英文学では、「死」のイメージに近い糸杉、そして、明るい日射しの中のプロヴァンスの糸杉。そして、ゴッホの晩年の目。・・・・・なかなか興味深いことです。

 さて、もう一つ、個人的「糸杉」考のおしまいに、英国詩人ブラウニングの詩「好みについて」の糸杉・・・・この詩の糸杉が、英国とペルシャの糸杉の中間地点にあるような気がするのですが、どうでしょう。ちなみに、ブラウニングはイタリアに移住したり、晩年ヨーロッパを渡り歩いたり、最後は、イタリアで客死。

≪そこでは焼けつく陽光に蝉は干上がって死んでしまうし、
一本の木ーー糸杉ーーが、
数百年の年月に赤錆色となり、
ざらざらした鉄釘のような葉を繁らせ、
熟れた実をいっぱいつけて、
すっくと立っている。≫
「対訳 ブラウニング詩集」(富士川義之編 岩波文庫)

☆写真は、ゴッホ「糸杉」(岩波美術館 テーマ館第9室「木と草花」)と右下は「ゴッホの手紙 下」(岩波文庫)

PageTop