FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

英文学の糸杉

糸杉2
(承前)
「王書—-古代ペルシャの神話・伝説」(フェルドウスィ―作 岡田恵美子訳 岩波文庫)に次々出てくる「糸杉」でしたが、ゴッホの描いた糸杉のイメージとずいぶんと違う。

 ペルシャ伝説では、明るいイメージの糸杉も、「英米文学 植物民俗誌」(加藤憲市著 冨山房)では、どう書いてあるかというと・・・

≪代表種は地中海東部やペルシャに多い。イギリスにもあるが、湿度と寒さで育ちが悪い。≫とありました。
≪材質が固く耐久性があり、虫に食われないないので、古くは家具のほか、棺をつくるにも用いた。≫
で、シェイクスピアの十二夜を引用しています。
『来たらば来たれ、死よ。そして弔いのイトスギ棺に納めておくれ。』

また、古代から、神殿の柱や笏や杖、槍などの武器まで、この糸杉で作ったとあり、この木の芳香は空気を清めるといって、古くは肺病によいとされていた、ともありました。

ところが、こんもりと小暗く茂らせるので、暗い沈うつな死を連想させるというし、実を結ばない事や、ひとたび切られれば再び発芽しないとも言われていたようで、死の象徴として、墓地に植えられたり、喪の象徴として葬儀にも使われたようです。

うーん、ずいぶんと、ペルシャ神話と違うなぁ…と、思っていたら、ありました、ありました。
≪Zoroaster ゾロアスターが天国から持ち帰った若枝から、ひろまった≫
そして、俗に、糸杉の種を食べれば、永遠の体力・健康・若さを保ち、その実は、出血を止め・・・ともありました。

「英米文学 植物民俗誌」では、花言葉は、死、悲嘆、永遠の霊魂.。
あるいは、「英文学植物考」(加藤さだ著 名古屋大学出版)によると、花言葉は死、服喪、絶望。

で、もう一つ、「英文学植物考」に引用されているクリスチナ・ロセッティの「歌」という詩には、
≪私が死んだ時、愛しい方よ、
わたしのため、悲しい歌は歌わないで。
枕頭にばらの花など植えないで、
また影深いいとすぎも。≫

・・・ということで、英文学における「糸杉」とペルシャ神話の「糸杉」、ずいぶんと違う捉え方ですが、プロヴァンス地方やオランダ人ゴッホの捉え方は、どうなんでしょう。(続く)

☆写真は、ゴッホ「糸杉のある麦畑」(岩波 世界の巨匠ゴッホ)

PageTop