FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

ファンタジーの世界へ

ファンタジー1
(承前) 「あおのじかん」➡➡「はくぶつかんのよる」➡➡ 「シルクロードの あかい空」➡➡の イザベル・シムレールの絵本で邦訳されているのは、現在のところ、4冊です。

 次の「ねむりどり」(イザベル・シムレール作 河野万里子訳 フレーベル館)は、他の三冊と違って、科学絵本ではありません。美しい絵でファンタジックなで世界を表現しています。
 「青い」「赤い」ときて、今度は「白い」絵本とも言えるでしょう。白い鳥の羽毛の質感も、表現しています。
☆写真上は、イザベル・シムレールの「シルクロードの あかい空」の上に、「ねむりどり」の本を置いています。
 
 この「ねむりどり」は、図鑑のように名前を紹介するのではなく、お話仕立てですから、作者の表現する世界に、自らが入りこんでいく必要があります。ところが、話の始まりは、リアリティのある、生活感のある表現ですが、徐々に、時間をかけて、ファンタジーの世界に入っていくので、ん?どうなっているの?  よくわからない・・・ということに、なるかもしれません。

 ファンタジーの世界に入りこむことは、時間をかけてではなく、あっという間に入りこまなくては、嘘っぽさが増してしまうのではないでしょうか。そして、入りこんだ世界が、もしかしたら、あるかもしれないというリアリティに裏付けされていることが、ナンセンスとは、違うと言えましょう。ナルニア国に行くのに、大きな深い衣装だんすに入りこむなんて、本当にありそうな入り口です。

 と、考えると、幼い読者が、あっと言う間にファンタジーの嘘っこの世界に入っていける「もりのなか」(マリー・ホール・エッツ作 まさきるりこ訳 福音館)は、本当にお薦めできる1冊なのです。

≪ぼくは かみの ぼうしを かぶり、あたらしい らっぱを もって もりへ さんぽに でかけました。≫
 そしたら。ほら!あっというまに、ファンタジーの世界に入み、らいおんが、ひるねをしているところに・・・
 そして、髪をとかすライオンがいて、水浴びをする象がいて・・・これが、髪をとかす象、水浴びをするライオンじゃ、リアリティがない。ありそうな世界だから、安心して、入りこめる。

 「ぼく」は、もりに散歩に出かけ、動物たちと、お父さんには見えない動物たちと、楽しい時間を過ごすのです。

 イザベル・シムレールの「ねむりどり」は美しい本ですが、地味な色合いの「もりのなか」「また もりへ」というマリー・ホール・エッツの絵本と比べると、幼い読者の心を捉えて離さない絵本は、後者だと思います。(続く)
☆写真下は、イザベル・シムレールの「ねむりどり」の上に、「もりのなか」を置きました。寝ているライオンの口元、よーく見て!このリアリズムがたまらない。

ファンタジー2

PageTop