FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

子ども図書館

子ども図書館35
 今まで、東京 上野の複数の美術館に足を運ぶものの、近くの国立東京子ども図書館は行った事がありませんでした。
 東京子ども図書館は、上野の文化ゾーンの一角にある、子どもの本の総本山です。

 大きな古い建物は、一階ずつの天井が高い3階建て。明治に建てられた、元帝国図書館の堂々とした姿。
今もその面影は残しつつ、平成には、近代的な建物も中庭の向こうに建てられています。
       子ども図書館1

 甥が建築を勉強しているおかげで、おばさんも以前より建築に目が行くようになって、その明治の建物には、感心することしきり。知の殿堂としての図書館は、明治の威信をかけて作られたものと思われます。
 図書館の充実は、国家の知恵につながるのですから。いつの時代でも。

 中では、「イランの子どもの本展」が開催されていました。
 誰かのお使いでイランに出向いた人も、話の糸口に、『「イランの子どもの本展」を、今、東京でやっているのですよ。』と、話したでしょうか?そんなわけないか・・・
 それとも、単なる 誰かのお使いではなく、何かにつながる計略の一小道具だった?
 ともあれ、ペルシャ(イラン)の古い詩を知っていたら、もっと、賢くなれたのに・・・(続く)
子ども図書館11

PageTop