FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

あかいえのぐ

あかいえのぐj
 昨日の「ねこのミランダ」➡➡を本棚から出した時に、隣にあったのが、この「あかいえのぐ」(エドワード・アーディゾーニ作 津森優子訳 瑞雲舎)でした。
 表紙に、黒猫・・・猫絵本の1冊に積み上げました。

 話は、絵描きのお父さんはと子どもたちは、貧しくても仲良く幸せに暮らしておりました。いろんなものを売ってお金にしてきたものの、ついに、、仕上げの赤い絵の具がない・・・そこで、子どもたちが、頑張りますが、八方ふさがり・・・とはいえ、ちょっとクリスマス・キャロルを思い出す、スクルージじいさんんみたいなロバートおじさんが現れて(お話の初めに絵描きのお父さんとけんかしているおじさん)・・・お父さんの絵は完成、お父さんの絵は売れるようになって・・・・めでたしめでたし
 
 で、ちっとも、猫は関係ありません。しかも、その存在を知らしめるのは、写真左に写る絵で「ニャア」と言う箇所だけ。

 とはいえ、家族、仲良く団らんしているページでは、それを見守るかのように満足気(に、みえる背中)な猫。
 男の子のサイモンが何か描こうとしているページでは、興味津々に尻尾をたて、上の写真左のページでは、元気をなくしたお母さんに「大丈夫だよ」というお父さんと声を揃えて「ニャア」。
 赤い絵の具を探しているページでは、心配そうに引き出しの方を見て、売るものもなく、作品もできないと家族が悲観するページでは、猫の耳も垂れ、尻尾も下がっています。
 家族が食べるものも硬くなったパンと古くなったチーズの夕飯のページでは、猫もお皿に、何かほんの少し入れてもらい、お皿をなめています。
 そんなある日、大きなごちそうの入った荷物、赤い絵の具も入っている荷物が届くと猫も一緒になって、箱をのぞき込んでいます。
 そして、完成した絵の前では、尻尾を立て、姿勢を正した(かのように見える)猫が居ます。みんなでごちそうの用意をするページでは、足取りの軽い猫の姿。そして、ついにロバートおじさんが部屋に入ってくるページでは、見知らぬ人には「フゥー」とうなっているかの猫の絵。

 ・・・とまあ、お話の本筋とは関係ないかのように見える猫でしたが、ちゃんと仕事をしていたのがわかります。もちろん写真右の本の表紙(昨日も写っています)では、家族をモデルにして描くお父さんの傍で、じっと見守っている猫です。

PageTop