FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

ヴィークランドの絵

ロッタちゃん新
(承前)
 「長くつ下のピッピの世界展」➡➡で、ニイマンの絵➡➡を たくさん見ることが出来ましたが、リンドグレーンと言えば、ヴィークランドの絵と思っているようなカ・リ・リ・ロにとっては、ここで、初めて目にした「ちいさいロッタちゃん」表紙原画を見ることができただけでも、大きな喜びでした。この絵は、翻訳されているロッタちゃんシリーズ(山室静訳 偕成社)では、見ることができないからです。

 「ちいさいロッタちゃん」「ロッタちゃんのひっこし」は挿絵の本で、絵は白黒ですし、カラーで大型絵本の「ロッタちゃんとじてんしゃ」「ロッタちゃんとクリスマスツリー」にも、この表紙原画を見ることはできません。

 上のような図録を写した写真では、その素晴らしさが伝わらないのが残念ですが、ヴィークランドの描く、数々の花吹雪や、降りしきる雪の絵は、この画家ならではの美しさを伴って、リンドグレーンの作品に、深みを持たせていると思います。

 と、いうことで、ヴィークランドとリンドグレーンについても、ぼちぼち 書いていきたいと思います。
 そして、こんな時代だからこそ、リンドグレーンを読むことにも、意味があると思っています。➡➡

☆写真上は、「長くつ下のピッピの世界展」図録の「ちいさいロッタちゃん」
写真下、右は、「ロッタちゃんとじてんしゃ」(山室静訳 偕成社)、左は「ちいさいきょうだい」(大塚勇三訳 岩波)
ロッタちゃん2

PageTop