FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

Delilah

パオラねこ2
(承前:その2)
 昨日のブログからも続き➡➡、先日の「Innuendo」➡➡からも続きです。(ということは、やっぱり、クィーンのカテゴリーいるなぁ)

生前のフレディ・マーキューリーが参加した最後のアルバムは、「Innuendo」ですが、この中に、愛猫家だったフレディの猫の歌が入っています。「Delilah」(デライラ)

 三毛猫のデライラが好きで好きでたまらないという歌詞で、比喩でも隠喩でもなく、恋を知った青年(少年)がダイレクトに、デレデレと 愛を語っています。そして、歌の中では、彼自身が、meeow meeow――ミャオ ミャオ――と歌う(鳴く)部分すらあります。軽いノリのこの歌、猫を愛する人ならではの歌でしょう。

 デライラという名前が、サムソンとデリラ(Delilah)と同じスペルであるものの,サムソンを裏切った女性というより、妖艶な魅力を持つ気まぐれネコちゃんには、ぴったりの名前かもしれません。
 また、昨日の「きみとぼくのネコのほん」(トミー・デ・パオラ もりしたみねこ訳 ほるぷ)の≪ネコのおもしろじょうほう≫には、こんなことも書かれていました。
≪三毛ネコは、白、黒、オレンジ色の、まだらです。ほとんど、メスだけです。≫・・・・・つまり、三毛猫デライラは、フレディをメロメロにしたメス猫だったのですね。
  
 さて、最後のプロモ―ションビデオThese Are The Days Of Our Livesのとき、痩せてしまい、やつれて顔つきまでが変わったフレディが着ていたシャツには、愛する猫たちが描かれています。

 ☆写真右上に、この絵本の作家、トミー・デ・パオラが、当時、二匹のアビシニアンの猫を飼っていた絵。そして、左下の並んだ猫の中に三毛猫居ますねぇ。

 と、いうことで、猫を愛する人は世界中に多く、今年は、イノシシの絵本の代わりに、猫の絵本の紹介をしているものの、まだまだ紹介しきれていません。

PageTop