FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

泉涌寺

      泉涌寺1
 東福寺の冬の特別公開見学➡➡は、さほど時間もかからなかったので、もう一箇所見に行こうと、行ったのが、東福寺の近くの泉涌寺。(と、いっても結構な距離でした。)
 泉涌寺は「御寺」とされる皇室の菩提寺。初めて行ったのですが、全体は大きな敷地面積。多分、秋は綺麗だろうと思われる場所でした。
 テレビで「いだてん」という番組をやっているのを知りませんでしたが、その関連ではなく、在位記念ということで、非公開の舎利殿および韋駄天立像の特別公開(~2019年3月17日)でした。
韋駄天3j
 仏舎利を守る「韋駄天」は、正面でなく、脇を警護していました。この御寺では「韋駄天」と言わず、「韋駄尊天(いどそんてん)」というらしく、国家鎮護の守護神です。ここでのお姿は、小さいものでしたが、男前で、少し、衣装の彩色も残る、凛々しいお姿でした。走るのが早く、頼れる存在というイメージが、精悍なイケメンに結びつくのは、今も昔も変わりないのでしょう。それが証拠に、このお寺の記念品としてもらった紙の散華(仏を供養するために散らす花)に描かれた韋駄天と(上の写真)、先日の轉法輪寺の涅槃図絵➡➡も(下の写真)、やっぱり、男前ですね。
*散華の図柄は、舎利殿裏堂の韋駄天図から作られています。
韋駄天1j
 さて、泉涌寺本殿でも、涅槃図の一部を見ることができました。日本一大きいと言われる大涅槃図でした。大きすぎて、天井に折り返し、下の動物のところは、仏具の向こうに敷かれていて、全然見えないのが残念。ただ、特別の日は、全貌を見ることができるそうです。

 今回、冬の特別公開で、涅槃図を二枚見ましたが、これは2月15日が涅槃会(ねはんえ*釈迦入滅の日)といって仏教行事の一つで、それに合わせてみることができたともいえます。以前見た本法寺の涅槃図➡➡も、興味深かったし、今回も楽しめたので、これからも、他の涅槃図も見てみたいものだと思っています。ナラティブピクチャーには、洋の東西を問わず興味があります。
泉涌寺2

PageTop