FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

湖水地方のネコたち(3)

湖水地方j
(承前)
 さて、子ネコのトムの親族➡➡ではありませんが、ピーターとその仲間のネコには、『ジンジャーとピクルズやのおはなし』(ビアトリクス・ポター作絵・石井桃子訳 福音館)の黄色い雄猫のジンジャーが居ます。
 猟犬のピクルズと一緒に、村で雑貨屋をやっています。田舎のこの店は、動物たちに人気があるものの、「掛け売り」なので、ちっとも、儲かりません。ちなみに、トムのお母さんタビタおくさんも村で雑貨屋をやっていて、こちらは掛け売りをしていませんでした。(やっぱり、しっかりしてる!)

 お客には、うさぎたちがいますが、猟犬のテリア種のピクルズを、ちょっとばかり怖がっています。また、家ネズミたちもきますが、ネコのジンジャーを怖がっていました。が、丁寧な応対と「掛け売り」に、何度も客は足を運ぶのでした。
 ところが、現金箱にはお金がないものですから、ジンジャーもピクルズも、お店にあるものを食べる日々。・・・で、犬の鑑札を受けるお金もなく、呼び出しがかかることを不安に思い、お客たちに請求書を書きますが…
 その請求先で、回収が一番困難そうで、怪しい行動をとっていたのが、誰あろう?あの『ひげのサムエルのおはなし』(ビアトリクス・ポター作絵・石井桃子訳 福音館)のネズミのサムエルと奥さんのアナ・マライア。

・・・ということで、ジンジャーとピクルズは店を閉めてしますが、ここでも、しっかり者の、タビタおくさん。したたかな猫のお母さん。
≪ジンジャーとピクルズが みせじまいをしたために、ほかのものたちは たいへん ふべんな おもいを することに なりました。タビタおくさんは すぐ みせにあるしなものを ぜんぶ 10えんずつ ねあげしました。そして、あいかわらず、かけうりは、いっさいおことわりです。≫

☆写真は、英国 湖水地方ではなく、グロースター。 グロースターの仕立て屋の舞台になったお店のウィンドー(続く)

PageTop