FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

リュート

リュート2
(承前)
 ソプラノとリュートの小さなコンサートでは、演者が、簡単に楽器や、歌詞の説明をしてくれる場面もあり、興味が増しました。
 リュートは、ペルシャ時代からその原型があり、石造りの建物で弾くヨーロッパでは、優しい音色(はかない、か弱い感じ)で、受け入れられ、東に伝わったら、「琵琶」となり、畳、障子の音の吸収しやすい日本では、結構大きな音の弦楽器となっていったようです。

 するうち、リュートは、音域を増やすために弦が増え、上の写真にうつる、直角に曲がる部位も、今見る弦楽器のように、まっすぐになっていったようです。また、上記写真右のフェルメールの絵の女性が調弦しているように、ガットの調弦は、なかなか大変だったようで、弦が増え、今のようなナイロン製のガットでないなら、ますます大変だったとのこと。で、「リュート奏者が60年演じるなら、その40年は調弦している」というジョークまで、披露してくださいました。
 そんな苦労の多い楽器も、優しい音がゆえに、大きな音の出る楽器や、たくさんの楽器の中では、存在感が薄れ、衰退していったようです。ですので、今回、音響のいい、小さなコンサートで、楽しめたのは、よかった。

☆写真上は、「フェルメールと音楽展」「(2013年:ロンドン・ナショナルギャラリー)➡➡のときの図録の上に、「リュートを調弦する女」(フェルメール)の絵葉書
☆写真下は、同じく「フェルメールと音楽展」図録”Two Men and a Young Woman Making Music on a Terace,about 1670-5"(Jan Steen画1626-1679)の一部
リュート4

PageTop