FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

呪文

ホーヘン白12
(承前)
 そうなのです!ベルゼブブ!(蠅の王)➡➡
これは、カ・リ・リ・ロだけが知らなかったのでしょうが、かのクィーンの「ボヘミアン・ラプソディ」の歌詞に出てくるではありませんか!
映画「ボヘミアン・ラプソディ」➡➡をご覧になった人は覚えていらっしゃるでしょう。
 クィーンが、レコード会社に、意気揚々とこの6分の長い曲を提示すると、「長すぎる」だとか、「こんな呪文みたいな歌詞」、「なにが、ガリレオだ!なにが、ガリレオ・フィガロ!だ」というようなシーンがありますが、この呪文みたいな部分の最後。
”♪Beelzebub has a devil put aside for me,for me,for me for me♪”
「♪ベルゼブブ(蠅の王)が、ぼくに悪魔を 用意していたんだ、ぼくに ぼくに ぼくに♪」

 だからといって、フレディの心の叫びとも言えるこの歌が、同国のイギリス人のノーベル文学賞作家の「蠅の王」から直接来ているなんて思いません。何故なら、その呪文のような歌詞には、他にも、宗教的な単語が出てきていますから。
 が、しかし、たまたま、映画の大ヒット(結局、二回見に行きました)と、カ・リ・リ・ロ自身の読書の流れと重なったので、ちょっと気になったのは事実です。

 小説「蠅の王」で、生命の象徴としての豚、その生首にたかる蠅、フレディ・マーキュリーの人生を振り返ると、このベルゼブブ(蠅の王)という一つの単語にも、重さを感じます。

 「ボヘミアン ラプソディ」の初めのコーラス部分が済んだあと、フレディのソロが入りますが、その歌い出し。「今、人を殺してきた」なんて歌、他にある?
 ともかく、この曲は曲の構成と言い、歌詞と言い、その奥の深さといい、今も人を魅了するのがわかります。で、この殺された者が、誰を投影しているのか、今なら、理解できます。

♪ Mama,just killed a man  (ママ ぼくは たった今 人を殺してきたんだ)
Put a gun against his head  (彼の頭に銃を突き付けて)
Pulled my trigger, now he's dead (引き金をひいたら、死んじゃった)
Mama,life had just begun (ママ ぼくの 人生は始まったばかりなのに)♪

☆写真は、単にショーケースのガラスに向こう側も写っただけの失敗写真ですが、ちょっと不思議な感じなので、使いました。スイス オーバーホーヘン城⇒⇒

PageTop