FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

雪梅雄鶏図

京都230j
今冬の京都文化財特別公開のテーマ「京都にみる日本絵画」(~2019年3月18日)➡➡  ⇒⇒の続きです。スタンプラリーもあって、先日、妙心寺天球院と麟祥院の二つに行きましたから、3つ集めるスタンプも、もう一つ・・・ということで、建仁寺両足院の若冲を見に行きました。
 両足院は、便利がいい場所にあるので、先日の秋の紅葉の時も➡➡、半夏生のときも⇒⇒  ➡➡、  ⇒⇒など、よく行っていますが、冬の公開時の両足院には、行った事がありませんでしたから、若冲の「雪梅雄鶏図」も、初めてでした。

 すぐそばで見ることのできるこの掛け軸は、鶏の尾羽が綺麗。梅の枝の雪の様子も綺麗。そして、何より、綺麗なのは、赤色。雄鶏の鶏冠の赤。葉が緑の椿の花の赤。絶妙なバランスで配置された赤。密かに、ウグイスも来てますから、春も近い・・・今日の日のように・・・

伊藤若冲筆「雪梅雄鶏図」の公開は、2月1日~2月25日
長谷川等伯筆『竹林七賢図屏風』『水辺童子図襖絵』
伝如拙筆『三教図』【重要文化財】1月10日~1月31日
しろき観音像2月26日~3月18日と案内されています。

☆下の写真は、建仁寺近く花見小路裏のお玄関先の鉢植え。親切に名札がついています。椿の名前は「太郎冠者」。紫のお花は「おきな草」(翁草)・・・花の後、白くもしゃもしゃした毛のような種が、老人の髪のようだからということです。 つまり、太郎冠者と翁。なかなか粋なアレンジ。京都らしい。一番下の写真は、建仁寺境内の侘助(下向いて咲いている椿の一種)、多分、これも太郎冠者。
   京都4 15j

京都5 (2)j



PageTop