FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

ぼくはなにいろのネコ?

ねこ10j
「ぼくはなにいろのネコ?」(ロジャー・デュボアザン 山本まつよ訳 子ども文庫の会)
デュボアザンの絵本は、たくさん翻訳されています。
「ごきげんならいおん」シリーズ、「ペチューニア」のシリーズ、「かばのベロニカ」のシリーズ、アルビン・トレッセルトと組んだ数々、などなど。ここでも、もっと紹介した絵本があるものの、なかなか全ては紹介しきれていません。

 ということで、猫の絵本。「ぼくはなにいろのネコ?」です。

≪「ぼくを見て」と黄色がいいました。「ぼく、パッとあかるいでしょ。ぼくは、秋のにわを いきいきとさせるキクの花。ぼくは、日なたでねむる黄色いネコ。ぼくは、ジャングルを音もなく とおっていくトラ。ぼくは、空にかがやくお日さま。もちろん、ぼくがいなければ、お日さまもないのさ」≫と、この絵本は、始まります。
≪「黄色いネコだって!」と子ネコのマックスがいいました。「黄色っぽいネコはいるけど、黄色いネコなんかいるもんか、もし、ぼくが黄色だったら、水仙の花たばと まちがえられてしまいそう。」≫と、子ネコのマックスは考えます。

 こんな、詩的な始まりのこの絵本は、次に青、緑、赤、オレンジ、茶色、黒、白…時にお互いが交じり合いながら、色が様々に交じり合っていく世界を 表現しています。絵本でなくては、表現できなかった抽象的な世界です。
 が、お話の本ではないので、少し大きめの子どもたちの方が、楽しめるかもしれません。

 また、最後には、大人にも、伝えたい言葉がありました。
≪「ほんとうに、ぼくら、ほかの色がいなければ、なにもできないね」と、黄色、青、赤、黒、白が、声をそろえていいました。「わたしたちが、なかよくいっしょにいれば、世界は、なんてうつくしく見えるんでしょう」≫

PageTop