FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

師走の京都

南座j
(承前)
 12月に入っても間がない時期の忘年会(お昼の親睦会)でしたが、京都は、南座の顔見世も始まり、すっかり、十二月。
 
お料理も美味しく、「山里は冬ぞ寒しさまさりける 人めも草も枯れぬと思えば」の書も美しく。 
山里1

狂言「柑子」も見せていただき・・・
*「柑子(こうじ)」・・・・・・柑子蜜柑(温州ミカンより小さい)。
 ≪宴会の土産、三成りの柑子を持ち帰った太郎冠者が主人から持って来いと言われますが、内緒に食べつくしてしまったので、色々と言い訳をし、洒落飛ばして、切り抜けるという狂言。≫
山里2
 片付かないままの一年も、色々あった一年も、お疲れ様の一年も、とにもかくにも 年忘れ。

PageTop