FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

どれにしようかな

もみじj
 いいお天気の3連休、近所で、手作り市のイベントがあり、各自小さなストールで、作品を売っていました。そんな中、古本やさんも出店していました。状態のいい絵本がたくさん! 
 うーん、どれにしよう?うーん、これかな?えーっと、こっちは?
 夢中になっていたのは、ばあばと孫の親と孫の叔母。
孫は、適当に引っ張り出して、「これ読んで」というものの、孫の母親は、「これこんなにきれいのに安い!」 、 孫の叔母は、「これ、好きやったわ・・」と、個々人勝手にページを繰っています。
 つまり、孫以外は、みんな、古本の絵本に夢中となっていました。

 結局、およそ1000円で、手に入れたのは、
 孫の母親の好きだった「ロッタちゃんとじてんしゃ」(リンドグレーン文 ヴィークランド絵 やまむらしずか訳 偕成社)…新品のようでした。

クリスマスには、かかせない「クリスマス・イブ」(マーガレット・ワイズ・ブラウン文 ベニ・モントレソール絵 矢川澄子訳 ほるぷ)➡➡・・・これも綺麗な状態。

そして、まだまだ綺麗な「もりのなか」(エッツ作 まさきるりこ訳 福音館)➡➡
 
 もちろん、この3冊は、孫の本棚のためのもので、今は孫には、少々難しいものも入っていますが、いいお買い物でした。ただ、欲しかったものは、他にもたくさんあって、歩いて持ち帰れないくらいになったかもしれません。

 そして、何より、嬉しかったのは、娘たち(孫の母親と叔母)が、楽しみながら、グッドチョイスをしたことでした。

☆写真は、芦屋市 谷崎潤一郎記念館の紅葉➡➡。この前でイベントをやっていました。

PageTop