FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

手蔓のようなもの

長い道
(承前)
 偶然とはいえ、堀口大學が手に取った「スバル」巻末にあった新詩社の案内には、与謝野鉄幹と晶子が短歌の添削とあり・・・・・・そこには、またもや偶然が・・・というのか、導かれるようにして、つながった赤い糸。入門した大學の父、堀口堀口九萬一と鉄幹は旧知の間柄だったこと。

 堀口大學の父親は日本で初めての外交官試験に合格し、外交官としての職務に就いていたので、日本の息子、大學やその妹のそばには居ず、外国での暮らしが多い人でした。また、大學の母の没後、再婚したのはベルギー女性でした。(それが、大學ののちの翻訳の道ともつながっていくのですが・・・、これも、またいつか)
 そんな父、堀口九萬一と鉄幹はどこで、出会っていたか・・・
 鉄幹が京城の日本人学校で教えていたとき、堀口九萬一は、領事官補として京城で任務。その時に起こった事件の関係で、鉄幹は官舎で暫く起臥し、また、堀口九萬一が漢詩人でもあったことから、詩文を通じての盟友でもありました。

 それで、17歳の大學が 与謝野鉄幹・晶子のところに初見参。緊張している少年に、鉄幹は訊ねます。
ー故郷はどこです?」
ー新潟県長岡でございます。」
―あッ、そうか!長岡には堀口姓が多いんだな?」
ーいいえ、家中で堀口は私どもだけですし、町家にもあまりききません」
ーそうですかね。では、君は同じ長岡の旧藩士で堀口九萬一という人を知っていませんか?」
ーはい、知っております。私の父でございます。」
・・・・・・・
その時、大學は「あの日、あの時は、奇縁とも宿命とも解される私の一生の大きな曲がり角でした。」とのちに回想します。

また、当時、「明星」の黄金期を過ぎ、森鴎外を主軸とした「スバル」の片隅で、鬱々としていた鉄幹にしても、旧知で盟友の子息が目の前にいるのは感動的な出来事だったと想像できます。

当時、田舎の文学少年は、与謝野鉄幹・晶子の名前も知らず、「かつて吉井勇という人も、この両先生のもとで添削を受け、指導されて、こんなに僕の心を打ち、魂をゆさぶる歌が作れるようになられたのだという、手蔓のようなものを」「汲み取ることができた」とあります。

・・・と、長谷川郁夫の「堀口大學 詩は一生の長い道」に、書かれています。どのエピソードも深いし、重い。そして、日本の近現代文学の側面を見ることができます。なので、この大著を、こんな拙欄に一度に紹介するなどという考えは捨てます。

 そして、「五足の靴」➡➡という薄っぺらい岩波文庫が、今ここで、600ページ余、しかも、二段組の「堀口大學 詩は一生の長い道」(河出書房新社)につながったのも、ちょっとした手蔓のようなもの。(続く)

*参考「堀口大學 詩は一生の長い道」(長谷川郁夫 河出書房新社)
☆写真は、岩波文庫「五足の靴」と「堀口大學 詩は一生の長い道」。カバーを取ったカバー背が写っています。絵はジャン・コクトー。【Nicoへ ・・・Jean 1936と読めます。Nicoというのは、フランス時代などの堀口大學の呼び名。Jeanは、もちろん、ジャン・コクトー。この絵は、「エッフェル塔の花嫁花婿」(ジャン・コクトー 堀口大學訳 求龍堂)に収録されています。】下に敷いてあるカバー右は1936年来日中のコクトーと堀口大學。カバー左は、ブラジル時代の堀口大學。

PageTop