FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

イタリア所属

ルガーノj
 昨日の、強烈な台風は、関西方面にも大きな爪痕を残して、またたくまに通っていきました。
 電車も、道路も、市井の人々も、準備・留意していても、自然を押さえ込むことはできません。
 地震も、豪雨も、洪水も、何もかも、自然の猛威に逆らえない・・・人は、最小限に被害を抑えるために努力するだけ、これからも、ずっと。

 スイス ルガーノで二晩続けてみた、雷も、かなりのものでした。ルガーノは、すぐ隣がイタリアで、ミラノやコモ湖にも近いのです。天気予報では、夜に雷雨と出ていましたが、夜中に、突然、雷が鳴り続け、稲光で、空が明るくなりました。落雷の閃光は、まぶしく、次々、イタリア方面に落ちていきます。

 もともと、室内で見る雷は怖くないたちで、どのみち、時差ボケで眠れないので、1時間ほども見ていたのですが、ああ、これがローマ神話のジュピター(ユピテル)なんだと、実感しました。天空の神、気象現象、特に雷を司るジュピター(ユピテル)。

 イタリア方面に落ち続ける稲妻は、鉄槌を下しているように見えます。天空を怒らせてはいけません。涼しいはずの夏が不安定な気候になっているのを、ジュピターは、怒っていたのか?
 ただ、この後滞在した、スイス山岳地方などでは、毎夜のように、満天の星を眺めましたから、ジュピターの怒りはスイスの山までは届いていないかも、ジュピターはやっぱり、イタリア所属?などと、思ったりしました。

☆写真は、スイス ルガーノ モンテブレからみた、市街地とサンサルバトーレ。
 写真下、朝起きたら、イタリアの方からサンサルバトーレに朝日が当たっていました。
ルガーノjj

PageTop