FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

ベリンツォーナの古城

べりん2
ルガーノのあるティチーノ州の州都は、ベリンツォーナという古い街です。ベリンツォーナの旧市街の3つの城と防壁・城壁群は世界遺産に登録されています。
 ここは、山に囲まれるものの、谷間の街は、古くはローマの時代から交通の要衝。遺産登録されたのは、中世以降の3つのお城などです。
べりん13
 まず、一番大きな「カステルグランデ」は、大きな大きな岩の上に建っています。岩を掘りぬいて近年できたというエレベーターホールは、さながら、冷蔵庫にはいっているようにひんやりしていて、エレベーターを降りてきた人たちは、一様に、OH!(おお、さむっ!)と言ってました。
 それにしても、巨大な岩です。中の博物館に、出来た頃の様子が案内されていましたが、こんな大きな岩が、交通の要衝にあったら、そりゃだれでも、見張り所を作りたくなるだろうとわかります。しかも巨大な岩なので、小さなものではなく、大きなお城。
ベリン1

 あと二つは、「ステッロ・ディ・モンテベッロ」「カステッロ・ディ・サッソ・コルバーロ」ですが、大きな岩の上にある「カステル・グランデ」の写真(上から二番目)は、中腹の「ステッロ・ディ・モンテベッロ」から撮りました。(続く)

PageTop